• ホーム
  • 不潔なお金から性病に-中国-

不潔なお金から性病に-中国-

2019年09月03日
医者と話している男性

性行為以外の経路から性病になるケースもあります。
実際に中国では不潔なお金が原因で性病になったケースが確認されています。
中国の女性が尖圭コンジローマにかかり、自分はパートナー以外とは接触していないという自信があるためパートナーからの感染だと疑いパートナーに性病検査を受けてもらいました。
しかしその結果は陰性だったのです。

感染経路が他に考えられませんでしたが、実はその女性は銀行員をしておりお金を毎日扱い、しかも手を洗っていなかった事から感染したことが発覚したのです。
銀行預けられているお金の菌を調べてみると実際に性病の菌が沢山発見されました。
お金は不特定多数の人が利用しているので性病にかかった人が菌を手に付着させたまま触った可能性もあります。
まだ銀行員の女性もトイレお金に触った後で手を洗っていれば感染は予防できたのですが、中国ではお金が不潔という意識があまり浸透していないためにこのような事が起こってしまったのです。

日本の場合は定期的にお札を取り換えたり銀行で消毒を行っています。
それでも自分の手に入るまでには多くの人の手垢がついており菌も付いているので不潔です。
性行為をした後で触ることも少なくありません。
ですので必ずお金を触った後には手を洗うようにしましょう。
お金を触った手でパートナーの陰部を触ったり自慰をするのも避けなければいけません。

もしも中国に旅行をするならお札の扱いには気を付けましょう。
食事をするときにもお金を触った後には必ず手をキレイにしてください。
性病は性行為をしなければ感染しないという絶対的な確信はありませんので過去に性交をしていない方でも必ず感染を防ぐための避妊具は着用しましょう。

関連記事
日本の女子高生に性病が広まりつつある

日本の女子高生の間で性病が広まっています。性感染することで有名なクラミジアが実際に広まっており、3000人のサンプル調査をした結果6人に1人がクラミジアに感染していたという結果が出ました。男子高校生の場合は6パーセントで女子高生に比べて半分の割合です。実は先進国の間ではかなりの高い割合になります。日...

2019年08月05日